作品が”買える”ようになったKomiflo Plusを試す

Komifloについてはサービス開始当初触れたことがあります。

成人向け漫画雑誌の定額制読み放題サービスで、開始から2年以上が経過しました。今も継続して契約しています。

アカウントの新規登録画面にちょっとした仕掛けがなされていて、画期的だと話題になったこともありましたね。ちなみにモバイル版も対応してます。

エロ漫画雑誌読み放題サービスのユーザー登録画面が画期的すぎてこれを考えた人は天才「才能が怖い」「入らなきゃ(使命感)」
天才。

開始当初はワニマガジン社の「快楽天」「快楽天BEAST」「失楽天」「COMIC X-EROS」の4誌が読めましたが、現在ではそれに加え、コアマガジン社の「コミックホットミルク」「コミックメガストアα」や、Komifloオリジナルなど、コンテンツも増えました(追記:2019年7月よりWEEKLY快楽天の配信が毎週日曜に開始)。参入出版社が増えたのは良いことですね。

機能面でも地道にアップデートが続けられていて、流行のダークテーマなんかにも対応していたりします。

ダークモードも選べる。

新機能「Komiflo Plus」

そんなKomifloに先日から「Komiflo Plus」という機能が追加されました。Komifloを使っている全てのユーザーが対象です(無料期間は対象外)。

「Komifloコア」と呼ばれる、いわゆるクローズドベータのユーザーは以前から使用可能だったようですが、一般ユーザーにも提供が開始されました。

作品単体の購入が可能になる機能で、購入すると自分のPlusライブラリにその作品が追加され、期間の制限なく読めるようになります。エロ漫画には読み切りや数話で完結する作品も結構あるようなので、作品単体で購入出来るというのは相性が良いのかもしれません。

2017年以前の作品など、今までKomiflo上には出てこなかった作品はもちろんですが、Komiflo上で読めたコンテンツについても一部ラインナップに含まれています。作品は順次追加されていくようです。

Komiflo Plus開始時点のラインナップは約50作品ほど。ざっと見た感じでは1本あたり100円+税のものが多いようですが、作品によって価格は変わりますとKomiflo Plusの紹介ページには記載されています。手の伸ばしやすい値段だと思います。請求については、Komifloの月額課金とともに行われるようです月額の課金されているクレジットカードに対して、作品を購入するたびに行われます。

Komifloサイトの上部の「Plus」をクリックするとKomiflo Plusのページへ移動し、対象の作品が一覧できます。

作品の一覧表示時は、Komiflo Plusコンテンツのサムネイルの左上に「P」のマークが付きます。また、購入した作品については「My Plus」タブから一覧できるほか、サムネイルが黄色く縁取られます。

軽快でお手軽

実際に使ってみた感想としては「あまりにお手軽」。これは良い。

決済時にページ遷移することがなく、購入してそのまますぐに読むという流れがよく出来てました。操作していて引っかかりがない感じでした。

作品概要

金額と購入の確認

決済処理中

購入完了(そのまま読める)

ビューワーについてもそうですが、購入操作についてもやはりよく出来ています。使ってて気持ちが良いです。きっと優秀なエンジニアさんが作っているんだと思います。

買った作品が縁取られるのはパッと見て分かりやすいですし、設定でKomiflo Plusコンテンツの表示範囲を変更するオプションが用意されています。気が利きますね。

Plus作品の表示設定を変更出来る。


価格的にも操作感的にも、ついつい買ってしまう危険なKomiflo Plus。これから追加される作品も楽しみにしてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました